愛ある変化が起こります♪

生きるための大切な装置の存在

  • 《装置の構築 〜自分を守るために〜》

  • 幼い心に、抱えきれないほどの事態が起こってしまったときに、

  • 子どもは自分の中に「装置(ルール)」を造ってしまうことがあります。

  • .

  • これは、生きて行くためにとても大切な装置となります。

  • .

  • 大人になるとその装置は不要になりますが、

  • そのことに気付かずに、大切に使われているケースが多くあります。

  • .

  • 猫乃のセッションの目的の一つは、その装置のダイレクトな除去ですが、

  • セラピーが終わる頃には、その装置が消滅したり、もしくは効果の薄れた装置へと形を変えたりします。

  • .

  • 装置が消滅したり、効果の薄れた装置になると、「思考や現実の出来事」がシンプルになっていきます。

  • .

  • 理由は、装置を経由しなくなるからです。

  • .

  • .

  • 《大切なアフターケア》

  • .

  • アフターケアをしないと、時間の経過とともに、同じ装置が再出現してきます。

  • 脳が生き延びるために、「これまで慣れ親しんでいた装置」を再構築し再稼働させてしまうのです。

  • .

  • しかしそれを防止する簡単な方法があります。

  • 脳内にアファーメーションを流すのです。

  • そうすると、装置が消えて ぽっかり穴の開いた部分がアファーメーションで埋められていき、装置の再構築を予防することができます。

  • 「もう十分」と思われるまで、なるべく24時間態勢で良いアファーメーションを流し続けます。

  • .

  • .

  • 《装置は一つではない》

  • .

  • また装置はひとつだけでなく通常は複数あります。

  • .

  • ひとつの装置が消滅し、感覚的にシフトアップして落ち着いて来ると、また次の装置に気付かざるを得ない事態が発生していきます。

  • しかし、一度気付いていると、装置は外しやすくなっていますので、

  • ・セッションを受ける

  • ・内観を続ける

  • 等を続けていきましょう。

  • .

  • また、敢えてその装置を外さないという選択もあります。

  • あまりにも心身への負荷が大きい事態があるときには、まずは衣食住を安定させ、心身をゆっくり休めることが先決です。

  • .

  • .

  • .

  • *このホームページのリンクや転載は自由ですが、私(猫乃ミシェル)が書いていることをわかるようにお願いいたします。

 

Scroll To Top