愛ある変化が起こります♪

怒りについて〜 怒りの本当の正体 〜

.

以前の私は、

人とのコミュニケーションの中で、

腹を立てることがよくありました。

.

はい、

怒りの感情です。

.

それである時期は、

職場にいた女子Aさんに、

すごく腹が立って仕方ない状態が続きました。

.

最初はすこぶる良好な仲だったのに、

いつの間にか最悪な関係になっていたのです。

.

私は自分の感情のコントロールが出来ないことに、

苛立を覚え、

もがき苦しみました。

.

どうしたら怒りをなくせるか、

どうしてこんなにも怒りが湧くのか…、

来る日も自分を責めつづけ、

更に自己嫌悪に陥り、

生き地獄のように感じる日がつづきました。

.

私は自分の怒りの感情を消去させるために、

あるセラピーを受けに通いました。

.

が、

.

その結果…、

何も変化を感じられませんでした ガーン

.

電車を乗り継いで片道3時間、

高額な費用をかけてセラピーを受けているのに…真っ青

.

そして、そんなことはつゆ知らず、

Aさんは腹立たしい態度を私にとってきます ガーン

.

ワラにもすがる思いで そのセラピストさんには、

辛くて困っている自分の感情についてすべて正直にお伝えしましたが、

「そんなひどい感情は 普通 湧かないよ!」

.

と・・・ショック

.

結局、私の怒りの感情は収まらず、

3~4回通って中止しました。

.

そしてその後、

怒りの本の存在をネットで知り、

何冊も取り寄せて読みあさりました。

.

そこで初めて、

自分の怒りの正体に気がつきました。

.

それの本性は悲しみだったのです。

他に『怒りの下には、ほかの感情があります。たとえば、傷ついた感じ、裏切られた感じ、自分がわかってもらえなかった感じ、認め受け入れてもらえなかった感じなどです。』←カギカッコ内   by 西尾和美先生

.

Aさんがとる態度に、

私はひどく傷付いていたのです。

.

こうして、この文章を書きながら思い出しましたが、

Aさんと仲が良かった時の共通の話題は上司の悪口でした。

.

でも あるときから私は、

上司の悪口をきっぱり辞めたのです。

.

私のそんな変化に、

もしかしたらAさんもまた、

辛い思いをしていたのかもしれません。

.

その後 人事異動があり、

Aさんとはそれっきりです。

.

.

それから何年も絶った今、

腹を立てるような状況があったとしても、

心の中はいつも穏やかでいるようになりました。

.

自然に発生する怒りの感情をムリに消去しないようにしたのです。

.

他に内観と癒しが、

心の中にダイレクトに変革をもたらしたと感じています。

.

それも長年、

「絶対この部分の癒しはムリ!」

と諦め切っていたことに癒しが起きたときには、

天地がひっくり返る思いがしました。

.

自分の心の中には想定外の自分がいました。(*このお話しはまたどこかで… ^_^)

.

それを機に、

私は心を武装しなくても良くなったのです。

.

怒りという武器で、

誰かをやっつけなくても良くなりました。

.

そして怒りを持っていても、

穏やかなコミュニケーションを心がけるようにすると、

人間関係、そして運命が大きく変わっていきます。

 

Scroll To Top