愛ある変化が起こります♪

【スギ花粉症】ほぼ完治

 
私は10年くらい前にスギ花粉症を発症し、
最初は軽めの内服薬&点鼻薬&点眼薬を使用していました。

その数年後は、皮膚のアレルギーにも効くアレロッ◯という、強いとされているお薬を服用していました(そのお薬だけで、点眼薬&点鼻薬がなくても、目の痒みと鼻汁がカバーされていた)。

そして私は、中学生頃から、原因不明の皮膚掻痒があり、365日、アレロッ◯を飲んでいましたが、ある頃から痒みをガマンして、医師と相談の上、薬の服用を徐々に減らし、そして中止していました。

そして、あるお正月に砂糖絶ちをしてみました。

白砂糖が体によくないということを本で読んだからです。

そして砂糖断ちと同時に、腸内環境を整えるために『ぬか漬け』『玄米』『味噌』『梅干し』『麹食品』を積極的に摂るようにしました。

 

すると身体の痒みはほとんど気にならなくなり、

その年の春から、花粉症の症状が消失してしまいました。

 

でも酷いストレスが生じた時には、砂糖(お菓子)を多めにとってしまい、
その影響か、身体の掻痒や、花粉症の時期は目の痒みとたまにくしゃみがでます。

それでもマスクなしでもいられて生活に支障は全くないレベルです。

 

花粉症は「腸の病気」とも言われます。

砂糖が腸内環境バランス崩すようなのです。

 

それから、砂糖断ちをして、普通の料理のおかずにも砂糖が多量に含まれていることに初めて気付きました。

だから、徹底的に砂糖断ちをはじめた3ヶ月くらいは、お蕎麦屋さんで注文するお蕎麦も、つゆの量を極力少なくしてもらい、お湯で薄めていただきました。

当時、手作りしていなかったため、購入したお惣菜は、洗って食べるという徹底振りでした。

市販のカレールーは砂糖入りですし、お店のカレーも砂糖が入っているでしょうから、しばらくはカレーも食べませんでした。

しかし、その後は、お菓子もたまにいただくし、お惣菜やお蕎麦やカレーも普通にいただいています。

でも、一度、腸内環境が整ったためか、繰り返しになりますが、日常生活に困るほどの症状は出ないのです。

 

《花粉症を治したい方へ》

オヤツを意識して選んだり(甘いものから塩辛いものへ)
発酵食品を積極的に摂って腸内環境を整えるなどして、
花粉症がどう変化するか実験してみてはいかがでしょうか?好き

 

《ストレスと砂糖》

お砂糖は脳の感覚を麻痺させるから、ストレスが酷い時に、摂取したくなるような気がします。

感覚を研ぎすましたい方は、砂糖断ちを実験してみてはいかがでしょうか。

 

《猫乃の砂糖断ち後の変化》

砂糖断ちをして最初はすごくお腹が空いて、2時間置きくらいに大きな玄米おにぎりを食べていました。お菓子摂取過多のときは、気付いていないだけで、一日に大きな玄米おにぎり何個分ものカロリーを「お菓子で」摂取していたのだと推測します。ついでに、この頃から、眠気覚ましの珈琲を飲む場合は、それまで苦手だった大人の「ブラック」に変わりました。元々、ジュース類は飲んでいません。それから、かなり苦手だったドライフルーツを美味しいと感じるようになりました。

 

出典先 猫乃「愛ある変化が起こります」 アメブロ

http://ameblo.jp/love-peace-bravery/entry-12131117957.html

Scroll To Top