愛ある変化が起こります♪

猫乃が不幸だと思っていたこと

  • 幼少期からつづく家庭内不和、保育園の先生からの意地悪、小学生時代のいじめと自殺願望、中学生時代は帰宅すると実の父から殴る蹴るをされる毎日、母の自殺未遂騒動、家出、プチ非行、妹の死、意地の悪い役所の職員やママ友や上司や同僚、見栄っ張りの夫との離婚に、交通事故…、身体面では、寝込むほどのだるさや気持ち悪さにしょっちゅう襲われ、心療内科医にリタリンを大量に処方されたり、処方された抗うつ剤を飲んで自殺願望が更に高まり、慌てて服薬を中止したり、4〜5年間服用していた精神安定剤を中止する時に酷い離脱症状と戦ったり…。

Scroll To Top